ブログ

農文協のルーラル電子図書館がとても便利なのでオススメします

この記事は約 5 分で読めます。

こんにちは、合同会社いろな代表の江原正大です。

今回は、この間農文協の営業の方に勧めてもらって入会した農業の強い味方「ルーラル電子図書館」を紹介します。

ほんとーーに便利なんでオススメです。(別に農文協さんからお金もらってたりしません(笑)お金はしっかり払ってます。)

ルーラル電子図書館とは

ルーラル電子図書館は、農業関係者の間では「現代農業」でおなじみ農文協が運営する”有料・会員制のデータベース“サービスです。

農文協の出版物などのデジタルデータを検索/閲覧/利用することができます。

記事検索と記事概要の閲覧は誰でも無料で利用できるんですが、データの本体を閲覧、利用するためには有料会員になる必要があります

農業の情報をインターネットで検索すると、結構な割合でルーラル電子図書館のコンテンツがひっかかります。でも中身までは見られません。入会して見られるようになると、ほんとに助かる情報が満載です。

コース・料金

コースの種類会費
(税込)
利用ポイント数上限利用期間支払い方法
ルーラル電子図書館
26,400円/年上限なし※1年間預金口座自動振替
郵便送金
クレジットカード
1ヶ月・150ポイントコース2,200円/年150ポイント1ヵ月間クレジットカードのみ
(オンラインでの支払い決済)

合同会社いろなでは、ルーラル電子図書館コースで入会しました。なにしろ利用ポイント上限なしです。ポイント気にせず好きなだけみれます。

年間26,400円は、合同会社いろなのように小さな会社にはちょっとした出費なんですが月額にすれば2,200円

毎日直売所で野菜を1個多く売れば簡単に元が取れますね????

ちなみに、直売所農法のコンテンツもありますので、売上アップのアイデアもゲットできます。

ルーラル電子図書館のここがすごい!

ルーラル電子図書館には、おなじみ月刊誌『現代農業』や『農業総覧 原色病害虫診断防除編』、『農業技術大系』などなどの農文協の出版物がデジタルデータで豊富に収録されています。

特に農作物の病気・害虫の写真データをはじめとしたデータベースの充実度と実用性は凄いの一言です。農業者には夢のようなデータベースです。これが年間26,400円で利用し放題なんて、ちょっと太っ腹すぎます。

思いついたことばで検索できる!

「えーっと、ダイコンのなんだっけ・・あの葉っぱにつく虫・・・」みたいに、すぐに名前が浮かんでこないこと、よくありますよね。

ルーラル電子図書館では、思いついた自由な言葉で、収録データを全文検索できます。野菜の名前と病気・害虫名を組み合わせて検索すれば、関連するたくさんの記事が見つかるはずです。

クリックだけでも検索OK

たとえば農薬の名前なんかは、結構覚えにくいものも多いですが、ルーラル電子図書館なら「農薬検索」などの目次をクリックしてたどっていくだけで、ほしい情報を探すことができます。

また、農薬を探すときも対象作物からだけでなく、農薬の名前からや、種類からも調べられるので体系的に病害虫処理する際などにも助かります。

適用農薬の検索も超簡単!

これは農文協の営業の方に見せてもらったのですが、たとえば「野菜」の項目から「ダイコン」をクリックして、ダイコンのページをひらくと、病害虫の項目にズラッとダイコンにつく病害虫の名前がでてきます。

その中からひとつを選ぶと、その病気なり害虫なりの詳しい説明が表示され、登録農薬のリンクから、使える農薬が一覧で表示されます

すごい楽ちんです。

営業の方はタブレットでデモをしてくれましたが、圃場でもすぐに検索できてしまう便利さ!ほんと感動しました。

病害虫対策は早期発見早期対処が必要です。経験豊富なベテラン農家さんなら、発生前に対処しきれるのでしょうが、僕たちのような新米農家にはすぐにパッと調べて対策とれるのはとても助かるコンテンツです。

農作業のビデオも充実

農作業は、本で読んでも実際に体を動かすところを見ないと技が盗めないことも多いです。その点、ルーラル電子図書館なら農作業のビデオも豊富に揃っているので、ばっちり達人の技を盗めます????

農業がいつまでたっても個人技能頼みだったのは、こういう技術移転ができてなかったからなんじゃないかと思います。

ルーラル電子図書館への注文

ルーラル電子図書館は今のままでもすごく便利なんです。でも便利だからこそ、もうちょっとだけ・・・というポイントがあります。

まだ使いこなせてなくて気づいてないだけで、すでにあるのかもしれませんが、ちょっとだけ要望を書いておきます。

関係者が見てくれたら嬉しいなぁ・・(/ω・\)チラッ

スマホ向け画面がほしいです!

スマホからももちろん見られなくもないんですが、PCやタブレットにくらべて画面が小さいぶん見にくく、操作しにくいです。

どうしても圃場で情報を得たいときは、スマホで確認することになりますし、農作業の休憩中に勉強するときもスマホが手元にあることが多いです。タブレットはどうしても邪魔で・・。

スマホアプリがほしいとは言いません。むしろ変に専用アプリにするくらいならWebをスマホ向け画面にしてもらうだけの方がいいです。それができたら、ほんとに嬉しいなぁなんて思います(/ω・\)チラッ

一部コンテンツの表示をもうちょい見やすくしてほしいです!

病害虫の説明図とか、すごく教科書や参考書っぽい感じの絵でイマイチわからない部分もあります。僕のお勉強が足りないだけかもしれませんが。

合同会社いろなでは、水稲が中心になってますが、いざ病気がでても自分だけでは教科書みても判断できないことが多々あります。

病気の事例をたくさんみている普及所の人がみれば一発でわかりますが、案外ベテランの農家さんでもそれが病気かどうかわかってないことが多いです。

最近は、気候の変化で病害虫の発生も変化してると思いますし、もうちょっとわかりやすい写真やイラストなどになると助かります。

一箇所からしかログインできないのがちょっと不便です

会員制なので仕方ないんですが、PCでログイン中はスマホからも同時ログインできないのは、ちょっと不便です。

はい、会員制ですから仕方ないのはわかるので、毎度ログアウトすればいいだけなんですけど、ちょっとだけ不便に感じます。

最後に

いろいろ注文も書いてしまいましたが、ルーラル電子図書館はほんとに便利なサービスです。これからも、どんどんコンテンツが充実していくといいなぁと農文協さんにはホントに期待してます。よろしくおねがいします。

これを読んでいただいた農業者の方も、気になるようでしたらぜひ一度「ルーラル電子図書館」を見てみてください。

以上です。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

ABOUT ME
江原 正大
合同会社いろな代表社員 農業とプログラミングの二足のわらじで食ってます。 最近の一番の楽しみは子供と遊ぶこと。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 企業ブログへ にほんブログ村 企業ブログ 農業へ にほんブログ村 企業ブログ 情報通信業へ
あわせて読みたい