農業

秋冬野菜の生育は順調です

この記事は約 2 分で読めます。

こんにちは、合同会社いろな代表の江原正大です。

合同会社いろなの農業部門(いろなファーム)は、水稲が経営の中心ですが、他にも多品目少量生産の野菜類を直売所等で販売しています

私設の無人直売所は営業を中止しています。再開に向けて計画中です。

いろなファームではこの時期、稲刈りと並行して秋冬野菜の栽培もすすめています。

葉物野菜は順調に成長しています

プチベール
プチベールの畝

上の写真は、生育中のプチベールうねです。

プチベールは、増田採種場(外部リンク)が開発したケール芽キャベツの掛け合わせから生まれた新顔野菜。ビタミンやカロテン、鉄分、カルシウム等のミネラルを多く含んでいる健康野菜です。

まだスーパーなどではあまり見かけませんが、いろなファームでは去年から栽培して騎西農産物直売所わくわく広場モラージュ菖蒲店で販売しています。

去年販売したプチベールは大変好評だったので、今年は少し増産しています。

11月中旬頃から出荷予定です。よろしくお願いします。

多品目の葉物野菜
多品目の葉物野菜

他にも、サラダセットとして販売予定の葉物野菜や、ケールわさび菜二十日大根かぶなどが生育中です。

二十日大根とかぶは、本来は露地に直まきにするのですが、今回は試験的にセルトレイで栽培してみています。うまくいくでしょうか・・・。

ハウスではスナップエンドウを栽培中

スナップエンドウの苗
生育中のスナップエンドウ

上の写真は、スナップエンドウの苗です。

昨年も少しだけ販売した「冬作」のスナップエンドウ(品種はみかど協和(外部リンク)の「ニムラサラダスナップ」)です。本来エンドウは春を感じる野菜ですが、ハウス内で育てることで上手くいくと11月下旬くらいから春先まで収穫ができます

とはいえ、いろなのハウスの保温は小さな石油ストーブだけですので、あまり寒かったりすると霜で枯れてしまうのが難点ですが。

スナップエンドウは、茹でてマヨネーズで食べるとあまくて最高に美味しいです。

カラフル大根もいろいろ

秋冬は、たくさんの大根が直売所等に並びます。

いろなファームでは、通常の大根は、使い切りやすい短形大根(ミニ大根)を販売予定です。また、今年は紅芯大根をはじめとして、赤や緑、紫の大根も栽培しています。

こちらは11月下旬から12月くらいを目処に出荷できると思います。

まとめ

いろなファームで栽培中の野菜を紹介しました。

ほかにも葉たまねぎ葉ニンニクじゃがいもなどを少量栽培しています。順次、直売所等で販売しますので、お見かけの際は、ぜひお手にとって見てください。

よろしくおねがいします。

以上です。

ABOUT ME
江原 正大
合同会社いろな代表社員 農業とプログラミングの二足のわらじで食ってます。 最近の一番の楽しみは子供と遊ぶこと。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 企業ブログへ にほんブログ村 企業ブログ 農業へ にほんブログ村 企業ブログ 情報通信業へ
あわせて読みたい